劇団ビジュアル系バンドの軌跡
2011年9月に旗揚げする『劇団ビジュアル系バンド』オフィシャルblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回は12/22!
十三ファンダンゴ『極惡いちご団』さんの
レコ初ライブ参戦が無事に終了いたしました!
あらゆる方々に感謝!

色んな出来事…、いや、本当にアレですよ。色んな事がありました。超短時間で!えぇ。

色んな出来事にメンバー一同、刺激を受けて次へ向けて動き出していますっ!
以下、要チェック!

劇団ヴィジュアル系バンド 冬支度公演2013
『反チーズフォンデュ鍋宣言~オシャレ鍋なんていらなくて、冬~』

12/22(日)19時30分開演
出演:劇団ヴィジュアル系バンド
真・敬愛・大和・魔忌堕君・八丁堀・松風

音楽シーンからは勿論、演劇界からも首をかしげられるマルチタレント中山秀ちゃん的存在
『劇団ヴィジュアル系バンド』が、2013年最後の公演をホーム・千日前トライブで開催!

更なる詳細は次週!
スポンサーサイト
11/23→11/24

今夜!
十三ファンダンゴでライブですよっ。

そんな訳で、入念な最終リハーサルをしていた昨夜。

11/23。
いい兄さんの日は、劇団ヴィジュアル系バンドのフロントマン・真のバースデーでした。

露骨に40を目前にしている真ではありますが、言動や勢いは未だティーンネージャーそのもの。
決して精神年齢が低いって言ってる訳ではございません。

年齢なんて関係ない!大事なのは魂だ!

っつう事です。

いい兄さんは、いいじぃさんになるまで突っ走ります!

今夜は十三ファンダンゴ!
ステージ上の彼を目に焼き付けてくださいまし!

待ってます!
7月!ガツガツっ!(ゲスト決定版)
7月突入っ!
半袖着用してますか?

『半袖 a Go!Go!!』のご予約はお済ですか?
照れてる場合じゃないですよ!
早いとこ予約しないと、夏は始まりませんよ!

ところで、お待たせのゲスト団体さんが決定いたしました!

15:00
石田アキラさんのA.I.FILMs(アイフィルム)さん!!
A.I.FILMs【アイフィルム】のシュールな短編映像作品
『トイレの花子』『理由なき幽霊』『宇宙人大襲来!!』
の3本を上映予定です。

19:30
焼酎亭一門
焼酎亭がTRIBEで高座やっちゃいます!
どの噺家さんがでるかは未定ですが、GVBにとっては新たなコラボ。

15時、19時半ともに曲者ゲストさんとなりました。
どちらを観ても、両方を観ても楽しんでいただけるのは間違いございませんよ。

そんな訳で、改めて詳細!

半袖aGo!Go!!

劇団ヴィジュアル系バンド SUMMER LIVE2013
『半袖 a Go!GO!!』
【脚本・作詞・構成・演出】敬愛 【作曲・編曲】真
【出演】劇団ヴィジュアル系バンド・A.I.FILMs ほか

2013年7月27日(土)
15:00/19:30(2回公演を予定)

千日前TRIBE
〒542-0074
大阪市中央区千日前1-7-11 上方ビルB1F
tel,06-6211-9112 mail,tribe_info@kaerudou.net
http://kaerudou.net/tribe/tribe.htm

【チケット発売】6月16日(日)10時~
【チケット取り扱い】こりっち
https://ticket.corich.jp/apply/46290/

携帯からの予約はこちらをクリック!






マンスリー劇団ビジュアル系バンド エッセイ『起』

こんにちわ。劇団ビジュアル系バンドの大和です。
さて今回は、先月ここで書くべきだったのに永井荷風のような古典的耽美派ビジュアル系モードで、まったりしまくってしまい、なんら書けなかったりしちゃったので、その一聴したところ単なる言い訳な事情。補うべく、書き綴ってゆく次第でございますので、よろしくお願い致します。

さて無事に一周年ワンマンライブを終えた我々、そりゃもう対バン企画のような訳にはいかないワンマンならではの長尺を全うしてみた訳ですが、おいかがだったでしょうか?

長尺、ということはですよ、そりゃあJAM(どこかの世界では稽古とも言う)もさぞかししたんだろうな、とお思いでしょ⁇

はい、そりゃあ、最初は魔忌堕君のハッピバースデーからのスタートやったわけですよ。
JAMとしては、それだけ。
だって魔忌堕君が感極まっちゃったりしちゃ、もう十分すぎるくらいブルージーなジャムセッションでしょ‼
え、それは本編にはなかった⁈ってですか⁇
そこは、Band、つまりは結束な訳ですから、そこ確かめられたら成立する話なのですよ。

そしたらもらい泣きしそうなsinが、一言、“以上‼”
僕が“That's all!!”(失笑される)
敬愛が“じゃ。来週で”

そう締められたらば、八丁堀あたりは、キョトンとしながらも、“あ、はい”と言う以外に言葉が見つからないわけです。
ますもと氏
みなさん、ごきげんよう。
戦艦なら大和より武蔵の方が実は好きな...大和。大和です。

さて、今回は、ゲストの紹介。
対バンの“テノヒラサイズ”さんは別の機会に紹介するとして、今回のゲストは、“ますもとたくや”氏だ。

何者なのか?というと面白モノ書きさんである。

最近では、映画の脚本やら、はたまた小説家デビューしとみたり。
以前TVドラマの脚本書いたときは、某大ステーションの宝塚歌劇団の大階段並みのデカ階段にかかる看板で、デカデカとその名前を国民に知らしめたり、かの国民的マンガのアニメ化の方の脚本家陣の中に名を連ねたり...マルチなある種国民的売れっ子、なぜか戦車大好きなモノ書きさんなのである。

が、実は以前は小生大和と同じ釜の飯を食い、違うカマの飯を食っていた敬愛とはカマと釜を越えた激しい半笑いツッコミをし合う間柄だった。分かりやすく言うとバリバリの演◯人だったのだ‼
その証拠としては、敬愛、魔忌堕君、そして小生が、夜を忍ぶ仮の姿で出演したMASTER:D #3.6 『バットスプリングハズカム』の台本を書いたことでも明らかだ。

そんな実はちょっとした御仁が一体何を話すのか?
初対面なのに意気投合しまくったSinとのあの話か?
初対面なのに気に入られた時雨との例の話か?
それとも敬愛とのカマor釜話か?

実は小生も気になって仕方ないので、ますもと氏がお書きあそばれた、なんとかピースのエニエスなんたらの回のDVDでも観ながら半分欠けた月を眺めて晩酌しようではないか。

闇が我らを...覆い尽くすまで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。