劇団ビジュアル系バンドの軌跡
2011年9月に旗揚げする『劇団ビジュアル系バンド』オフィシャルblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンスリー劇団ビジュアル系バンド エッセイ『起』

こんにちわ。劇団ビジュアル系バンドの大和です。
さて今回は、先月ここで書くべきだったのに永井荷風のような古典的耽美派ビジュアル系モードで、まったりしまくってしまい、なんら書けなかったりしちゃったので、その一聴したところ単なる言い訳な事情。補うべく、書き綴ってゆく次第でございますので、よろしくお願い致します。

さて無事に一周年ワンマンライブを終えた我々、そりゃもう対バン企画のような訳にはいかないワンマンならではの長尺を全うしてみた訳ですが、おいかがだったでしょうか?

長尺、ということはですよ、そりゃあJAM(どこかの世界では稽古とも言う)もさぞかししたんだろうな、とお思いでしょ⁇

はい、そりゃあ、最初は魔忌堕君のハッピバースデーからのスタートやったわけですよ。
JAMとしては、それだけ。
だって魔忌堕君が感極まっちゃったりしちゃ、もう十分すぎるくらいブルージーなジャムセッションでしょ‼
え、それは本編にはなかった⁈ってですか⁇
そこは、Band、つまりは結束な訳ですから、そこ確かめられたら成立する話なのですよ。

そしたらもらい泣きしそうなsinが、一言、“以上‼”
僕が“That's all!!”(失笑される)
敬愛が“じゃ。来週で”

そう締められたらば、八丁堀あたりは、キョトンとしながらも、“あ、はい”と言う以外に言葉が見つからないわけです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
こんにちわ。劇団ビジュアル系バンドの大和です。さて今回は、先月ここで書くべきだったのに永井荷風のよ
2012/11/21(水) 07:54:13) | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。